C値とは?C値って?なに?C値をあげて高気密にするのメリットとは

201111231156187c3

C値とは?C値って?なに?C値をあげて高気密にするのメリットとは
201111231156187c3

C値とは住宅の気密性(隙間の大きさ)を示す指標。

家全体にある隙間面積(cm2)を延べ床面積(m2)で割ったもの
単位はcm2/m2
この数字が小さいほど気密性が高いことになります。
 家の隙間面積は気密測定によって調べます。
測定器のファンで強制的に外に吐き出し気圧を下げます。
 この時に生じる室外と室内の気圧差と風量を測定し、すきまの面積を算出します。
C値をあげて高気密にするのメリット
1. 空気の出入りが少なく冷暖房費の節約。
2. 計画換気でつねに新鮮な空気を入れ、汚れた空気を排出できる
3. 外気の湿気があまり出入りしなくなり湿度管理が容易。
4. 湿度管理が容易であればカビ・ダニの発生を抑制可能
5. 家全体の遮音性能が高まり、室内を静かな環境を保つ
特に5はすぐに実感します。
またちょっとハスにあいている 部屋のドアがあると、玄関ドアを開け空気がひっぱられると
家の中のドアが気圧差でうごくほどです。
C値が1を切る(下回る)とこういう現象がおきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る