C値を上げる為には?C値を上げるコツと方法

201111231156187c3

C値 いわゆる隙間相当面積をよくするにはどうしたらいいでしょうか。
プリント

保温力を現すQ値と違って、乱暴な建て方や、手早くたてるユニット工法は不利なのです
非常に神経をとがらせて丁寧に施工しないと空気はもれていきます。
 先ほどのランキングをみての通り ユニット工法が順位を下げているのがよくわかります。
大工さんが1つ1つ丁寧に施工していかないと、難しいものなのです。
C値,つまり気密を上げるには基礎と土台のあいだの隙間をすべて発砲ウレタンでうめたり、
壁のすきまや断熱材のすきはは 断熱のガムテープをはって密閉したり あらゆる隙間に
発砲ウレタンでふさぐなど丁寧にやらねばなりません。
C値をよくする工法は 2x4ツーバイフォー工法が一番有利です。
またC値を良くするには、窓に引き違いは極力さけたほうが良いです。
片開きの窓が主流なのはこのせいです。
また、保温力とは関係ないので、C値を考えただけなら、ペアガラスは必須ではありません。
しかしQ値の兼ね合いもあるので 複合樹脂サッシのペアガラスがいいでしょう。
玄関ドアと勝手口。ここがいちばん隙間があくところです。
 空気の隙間をそうとうつくってます。
まとめると
・窓ガラスは引き違いはNG
・窓ガラスには 片開きか ハメ殺しを
・玄関ドアは気密性能のいい 東北仕様もしくは北海道仕様を手に入れる。
・2x4 ツーバイフォー工法を選択する。
・隙間という隙間に発砲ウレタンをふきつけ穴をふさぐ。
Q値は、お金をかければいくらでもできますがC値は技術と手間を惜しんではいい値はでません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る