Q値とは?C値の関係とQ値 Q値を良くするには?

Qti&Cti

Q値 住宅の性能の目安。Q値とは・・
Q値とは?C値の関係とQ値 Q値を良くするには?

Qti&Cti

初めてQ値というものをネットまたは私のこのBLOGでみつけたひとは今日覚えていってください。
わたくしが、家を買うときQ値とC値にこだわりぬきました。 ハウスメーカーにC値とQ値を追及して話をしました。

家をたててびっくりしたのは実際に住む家で、引渡し前に実計測で
C値(?/㎡)隙間相当面積 0.99
Q値(W/㎡・K) 熱損出係数 1.5
実現しました。
Q値とは簡単にいうと 家の保温力 であり、数値が小さければ小さいほど良いです。
正確には室内と外の温度差が1℃の時
建物全体から1時間に床面積1㎡あたりに逃げ出す熱量をあらわします。
 Q値が小さいとメリットは数多くあります。
メリット
・冷房や暖房が 普通の家よりよく効く。そしてその熱が長持ちする
・電気代や灯油代が普通の家よりかからない。
・6畳ぐらいの部屋ならTVとパソコンつけるだけであったかくなる。
デメリット
・窓が小さくなる
・断熱性が高い窓を使うため高価
・引き違いの窓はあまり使わない というか使えない
・断熱材をたくさん使う よって高価
つまり、断熱材を効果的により効率的につかっても普通の家より厚くしないとけないし
窓は小さい片開きかハメ殺しなどにしないとけません Q値は最高にするには窓はないほうがよいといわれてますが
 そんなの普通の家ではありません。
ハウスメーカーが実際に計測したりカタログデータにのせるのは極端な家です。
 Q値を追求し C値をどれぐらいまでつめられるかが、高気密高断熱住宅のキモです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る