不動産を高く売る為の知識 契約編


土地を高く売るにはどうしたら良いでしょうか?
まず、土地等、不動産を売るためには契約をします。
ダウンロード (1)
これを媒介契約といいますが、不思議なことに3種類あります。

不動産会社に 自分の持ち分である不動産を売りたいと依頼すると

「私の不動産の売却をあなたの会社に依頼いたします」という媒介契約を結ぶことになります。

一般媒介と専任媒介があります。

専任媒介には専属専任媒介契約もあります。
つまり3つの媒介契約があります。

 

1一般媒介     複数の不動産会社にも売却依頼可能
2専任媒介     1社しか売却依頼できません。但し売り手が直接買い手(買主)を見つけても契約できます。
3専属専任媒介  専任媒介よりも売り主が厳しく直接買主を見つけても仲介手数料を払う契約です。
なんか一般媒介の方がよさそうですが、少し考え方をかえてみましょう。

不動産業者にとって一般媒介契約は他の業者がその物件を契約したらお金になりません。
だからそんな、あぶない物件には販売費は使いません。

対して専任媒介は必ずお金になります。自分の所でしか販売できないんだものだからです。。
販売費や営業努力がまったくちがうのです。
つまり業者がどれだけ力をいれて販売するかはこの媒介契約によります。

不動産会社からすれば専任媒介契約を希望てほしいものなのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る