不動産を高く売るコツ ”不動産会社に直接売らない”

16

不動産(土地)を高く売る為の知識  不動産会社には売らない
依頼する不動産会社には直接売ってはいけません。必ず相手をみつけてもらって売って下さい。
16
どうしても、不動産を売るとき売る側は ”家を高く売る” ”マンションを高く売る” ”土地を高く売る” と思いたいのも確かです。
ここでは高く売るためには、不動産屋さんそのものに直接売ってはうけないという鉄則をご紹介します。

でも。・・?あれ? もし、直接売れたら簡単に売れて、現金になると思うでしょう。

しかし、相手はプロです。相場以下で買い叩いてきます。
もし、相場より少しでも不動産を高く売りたいなら一般の人、個人に売却したいものです。

不動産屋さんが、買うといった場合次のことが考えられます。

・相場より安く買い叩ける
・売主 地権者が売り急いでいる
・再販できる可能性が高い
・苦労せず儲けられる

不動産屋は利益をのせて再販するのが目的です。
こんな思惑があります。

逆に言えば、不動産屋さんが、購入を申し出てきたらそれは良い物件であるということ。
焦らず売れば、必ず買ってくれる人がでてきます。

私も、実は 不動産会社に土地を売って、苦労したのです。ですから
皆さんには苦労してほしくないので、このように情報を発信しています。

渡しの場合、
この転売する 不動産会社は私から土地を買って 3日間だけ所有者になってすぐに転売しました。
しかも、倍の価格で・・

土地がおおきかった(330坪)から分割して売っていました。
土地面積が私のように大きい場合はしかたないのでしょうが、
早急な売却などは不動産会社に売るしかないでしょうか。

しかし、私は、半分の値段で売ってしまったということで、少々後悔しました。
但し買い替えなどスムーズな売却を考えて、資金をそのまま使うなら購入先の不動産会社の買い取ってもらう方法も一理あります。

判断が難しい所ですが、複数の不動産屋さんに査定をしてもらうのも手なので、よく考えて下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る