不動産№1家 購入 年齢 について


タイトル マイホーム購入に適齢期はあるの?

マイホームを購入する最適な年齢ってあるのでしょうか。
家を購入するには若すぎる?それとも遅すぎる?
マイホーム購入の計画は住宅ローンの返済額と払い終わりなどのライフプランをしっかりと考えることが必要です。

マイホームを購入する年齢に、この年齢ではなくてはいけないというものはありません。
まずは、住宅ローンを払い終わる年齢をしっかり考えることです。
例えば、65歳で退職するとして、最長の35年ローンならば、30歳頃までに購入すれば、退職までには払い終えることになります。
一方、ある程度の年齢になって、夫婦で住むためや社宅から出ることを考えて、購入を考えるかたも多くいらっしゃいます。70歳頃までにローンの返済を考えるなら、遅くても50歳頃までには購入することをおすすめいたします。

次に考える必要があるのは、毎月の返済額です。
ローンは年収に対して、どれくらいの割合で返済するのかを考えて組まれます。
夫婦二人の家庭だと、生活費などを考えればいいですが、お子さんがいる方は、教育費なども考えて、資金計画を考えることが大事です。
また、どの年代でも、退職したあとの老後資金や終活資金も考えておく必要があります。
仕事のことも考える必要があります。
特に会社員の20代から30代のかたに多いのが、転勤などの可能性です。もし、転勤になったら、単身赴任するのか、家族で引っ越しをするのかなども話し合っておく必要があります。
転勤が多いうちは賃貸で、落ち着いてきた40代以上から購入をするかたも、現代では珍しくありません。

以上のことから考えると、適齢期には2つのパターンがあることがわかります。
20代から30代の若いうちに購入して、退職時期頃までを目安とするパターンが1つ。
40代以上である程度の資金力を活かし、仕事が落ち着いてから短い期間で返済し、老後を迎えるパターンです。
どちらのパターンの場合も、資金力とライフプランをしっかりと把握し、無理のないマイホーム購入計画を立てましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る