土地選びのポイント 地型といわれる土地形状

2011010709545891d

土地の形状は、土地選びのポイントで真っ先に気になるし、絶対にチェックすべきところです。

fuseikei_gazou

私は先に説明している、電気・ガス・水道よりもプライオリティ いわゆる優先順位は低いと考えています。
長方形、正方形の土地が欲しくても、普通は まず造成地でしかありえません。
ほとんど、売りにだされるのが、変な形をした不整形な土地です。むしろ不整形の昔ながらの土地を
好んでチョイスしたほうがよいぐらいです。
Ⅱ-Ⅰ-08
当たり前ですが、土地として長方形、正方形の土地は建物の設計もしやすく、
見た目のいいので土地の価格が高くなっています。
私のおすすめは、変な形をした不整形な土地で、かつ広めなところです。
 三角形してようが 台形だろうが、広ければ通常の家が建ちます。
35坪とか40坪しかないのに三角形は考えどころです。しかし、その土地が100坪あったら?
地盤が良好で、電気ガス水道が問題なく、日当たりもよければ、買いです。まさに買い。
住んでみればわかりますが、家の建てる工夫で、不整形地はいくらでも克服できます。
 
長方形にこだわり 日当たりわるく プロパンガス で下水道なしの方が悲惨です。
特に日当たりがいいことは大きなプラスです。
毎日 テラスでひなたぼっこ できたりするのは至福の幸せで。
 三角形や台形などの不整形な土地は、購入時の価格が安いので、やすくなった分
変則的な建物になるのでコストがかかりますから、差し引きゼロと考えます。
それと、最大のメリットは、固定資産税や相続税でも優遇される場合があります。
不整形地ならではのメリットです。
これは役所でチェックしたほうがいいです。
不動産屋さんで不整形地だからって、いきない候補からはずさないで、実地をみにいくことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る